2008年07月22日

第2回福山姫路交流競走はナムラルパンが2着健闘

22日(火)、姫路競馬場で第2回福山・姫路交流競走が行われました。
今月9日に行われた第1回では兵庫勢に上位を独占されてしまいましたが、今回はどうだったでしょうか。

レースはスタートから単勝1番人気に推された福山シノブテイオーが押して先頭へ立つも、福山ナムラルパン、兵庫マスレネカヴィオラと3頭が激しい先行争い。離されサンユウシルヴァー、ロマンウィングと続く展開。
シノブテイオーが4コーナーまでレースを引っ張るも、好位追走のサンユウシルヴァーが進出を向正面から進出開始し再びペースアップ、直線手前では2番手追走のナムラルパン、サンユウシルヴァーも先頭に並び3頭が横一線。
最後の直線ではサンユウシルヴァーがわずかに先頭、内から兵庫ロマンウィングも強襲してくるがナムラルパンが盛り返し先頭サンユウシルヴァーに近づくも、頭差届かず。

【第2回福山・姫路交流特別 1500m】
1着サンユウシルヴァー(兵庫) 北 野 1:31.6 6人気
2着ナムラルパン(福山)    岡 田  頭  8人気
3着ロマンウィング(兵庫)   下 原  3/4  4人気
4着ブランキーニ(福山)    片 桐 1・1/2 5人気
5着トリックハンター(兵庫)  中 越  クビ  10人気

その他福山勢はシノブテイオー7着、コスモシャドウ9着、ニシノフラッシュ11着でした。

第1回では見せ場すら作れず下位を独占してしまいましたが、今回は敗れはしたものの見せ場十分の接戦を演じてくれました。
2着に頑張ったナムラルパンは近走不調も、果敢に先行して粘り込み、以前の堅実な脚が戻ってきた感もあります。


福姫交流戦以外にも福山ジョッキーの騎乗が多数あり、メイン9レースでは渡辺騎手と岡田騎手が騎乗。
渡辺騎手騎乗の10番人気ゴールドイチモンジでゴール前鮮やかな差し切り勝ちを収めて馬連万馬券を演出すると、岡田騎手は福山でも走っていた11番人気トミケンオペラで果敢に先行し5着に粘り切りました。

これで2回目となった福姫交流。いずれも兵庫勢の勝利でしたが、今回は接戦で見ごたえあるレースだったと思われます。
今後も積極的に福山と姫路(or園田)での交流戦が行われることを期待したいです。


posted by 草摩 at 20:00| 広島 | Comment(0) | TrackBack(0) | 遠征情報&結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。