2009年04月17日

ナムラベンケイがオグリキャップ記念に挑戦

ナムラベンケイ
ナムラベンケイ(牡5・渡辺きゅう舎)が4月29日(祝・水)に笠松競馬場で行われるオグリキャップ記念に出走します。
公式サイトより

ナムラベンケイは昨年の名古屋大賞典(10着/12頭)以来2度目の遠征となります。前回は中央の馬ら相手が強力でしたが、今回は地方馬同士ということで奮起なるか。当日は渡辺騎手が騎乗します。

このオグリキャップ記念は2500mの長丁場になりますが、福山でも大賞典、桜花賞勝ちがあり長距離への適正は十分。
オグリキャップ記念といえば、福山からは2007年にタカオライアンが挑戦し8着(10頭)でした。
昨年は高知のスペシャリストが優勝し、その勢いそのままに福山で行われた西日本グランプリでもその強さを発揮しました。
ナムラベンケイがここをステップに第2のスペシャリストとなれるか、期待が膨らみます。

このレースは福山競馬場および関係場外発売所でも発売されます。
ナムラベンケイの活躍に是非ともご期待を。

にほんブログ村 地方競馬・ばんえい
↑よろしければ、1日1回クリックをお願いします。


posted by 草摩 at 21:35| 広島 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | サラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ナムラベンケイの状態面に不安はあるが、流れにうまく乗れば入着なら十分可能だと思う。
いつも思うが、福山から遠征する馬はたいてい地元で成績が頭打ちになってる馬だけど、出来る事なら勢いのある馬に遠征してもらいたいところ。
クラマテングあたりがどこかに挑戦してもらいたいが…
トミノプラネットも牝馬限定の交流戦へどんどん挑戦してもらいたい
Posted by マックス at 2009年04月17日 22:37
今の東海地区については短距離は有力各馬揃ってますけど、長距離については付け入る隙有だと思っています。
高知からもアタゴビッグマンが行くみたいでこの辺りも怖いですけど、今年は瀬戸内賞もありますし、力試しの舞台には丁度良いかなと。
あとは馬体次第でしょうなあ。
Posted by せれくと at 2009年04月19日 12:49
地元笠松もマルヨフェニックスあたりは距離に関係なく活躍しているが、2500mになるとどうだろう。高知勢も昨年このレースを勝ったスペシャリストを出しているだけにこちらも怖いな。
あとはナムラベンケイの輸送による馬体減がどうかだな。
Posted by 管理人@草摩 at 2009年04月20日 23:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。