2009年05月24日

福山さつき賞はフジノコウザン2連覇達成

4日(日)にアラブ重賞の福山さつき賞が行われ、池田敏樹騎手騎乗の2番人気フジノコウザン(牡6・吉井勝きゅう舎)が優勝しました。

200905241.jpg
200905242.jpg
レースはスタートからフエストクインシーが先頭に立ち直後にフジノコウザン、バクシンオーと続くが、1周目向正面でモナクカバキチが掛かり気味に外から進出して先頭へ立ち、展開はやや速い流れに。
モナクカバキチのペースで淡々とレースが進むが、2周目向正面で4番手追走のバクシンオーがスパートをかけると後続のペースも一気に上がり、フジノコウザンが3コーナー手前で逃げるモナクカバキチを交わして先頭へ立つとバクシンオーもそれに続いて追撃態勢。後方からザラストアラビアンも末脚を伸ばしてくる。
最後の直線では先頭フジノコウザンが外へよれ気味に持ち出しそれを追ってバクシンオー、内から猛追するザラストアラビアン3頭の決戦となったがフジノコウザンが最後まで堪えて優勝。2着バクシンオー、3着ザラストアラビアン。

【福山さつき賞 着順】
1着フジノコウザン   池 田 2:36.1 2人気 
2着バクシンオー    野 田  2  1人気
3着ザラストアラビアン 三 村  1  3人気
4着モナクリュウオー  岡 田  4  8人気
5着ホワイトモンスター  嬉  1/2 4人気

200905243.jpg
勝ったフジノコウザンは昨年に続いてこのレース連覇。約3ヶ月の休養を挟んで今回叩き3戦目となりましたが、見事にこの大一番で力を発揮しました。
鞍上の池田騎手は福山プリンセスC(マルサンジョイ)に続いて今年の重賞2勝目。フジノコウザンでの騎乗成績は16戦5勝2着9回の好相性で、今後もこのコンビで勝ち星を伸ばすことができるか。

福山けいばを支えてきたアラブ馬たちですがその数も残り少なくなってきました。
在籍頭数が40頭を切ったらサラブレッド競走に編入されることになっていますが、まだまだアラブ馬たちによる力の勝負を見ていたいものです。


posted by 草摩 at 20:43| 広島 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 重賞・特別競走 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
長距離レースになると耐久力の差が出るね
くたびれて無い分の差があったかな
Posted by 勝負師 at 2009年05月24日 22:04
状態云々より、いかんともしがたい実力差があるんじゃないかな
Posted by マックス at 2009年05月24日 22:45
頭数減とはいえオブリーが重賞に出ているくらいだからね

カバキチやクインシーもなんとなくレースを盛り上げた感じになったが
Posted by 勝負師 at 2009年05月25日 00:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。