2009年07月14日

エキサイティングゲート1130、7/19スタート!

course1.gif
専門紙のホームページでは以前より発表がありましたが、7月19日(日)より福山けいばの距離体系に新しく1130m戦が新たに加わります。
これまでは一般戦の最短距離は1250mでしたが、この新距離が加わりさらに面白さが増すと思われます。

「エキサイティングゲート1130(イチイチサンマル)」と名付けられたこの短距離戦ですが、発走地点はスタンド前からとなります。
スタンド前からの発走は園田競馬場の1230m戦や高知競馬場の1300m戦などがありますが、馬との距離が近い福山競馬場だけあってその迫力はそれらに十分勝るものがあり、発走前の騎手たちの緊張した表情や観覧席目の前でのゲートオープンの瞬間、そしてスタート直後の先行争いなどの様子をスタンド前から間近で見ることができます。

1130m戦の最初のレースは7月19日(日)の第4レースに行われる予定となっています。
新距離の誕生で素質を開花させる馬の出現、そして1130mでの重賞レースの開催にも期待したいところです。


にほんブログ村 地方競馬・ばんえい
↑よろしければ、1日1回クリックをお願いします。


posted by 草摩 at 23:04| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 福山けいば全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。