2009年07月27日

頑張れ!福山の個性派2歳馬

2歳新馬戦も昨日でもう6戦行われ、新馬勝ち1号のビクトリーヒマワリや連勝を決めたムツミマーベラスなど今年も期待十分な若駒がデビューしています。
現時点では強いとは言えないけど、個性十分でこれからが期待できそうな馬を紹介。

ボクラノカープ
まずはボクラノカープ号(牡2・小嶺きゅう舎)。
この馬は周藤騎手のブログにて馬名が公募され、命名されました。
その名前に相応しく、広島カープのマークのついた赤地のメンコでその存在感を十分表していました。
発馬試験では好タイムを出していましたが、9頭中7着(6番人気)でした。
初戦こそ残念な結果でしたが、本家のカープの後半戦の盛り返しに期待するとともにボクラノカープ号の初勝利にも大きな期待がかかります。

チイサナテンシ
続いてはチイサナテンシ号(牝2・黒川きゅう舎)。
こちらの馬も黒川騎手のブログで取り上げられており、とにかく小さいとありました。
どれぐらい小さいのかと思って期待してみると、初戦の馬体重は343キロ。騎乗した黒川騎手はポニーに乗ってるのかと錯覚してしまいました。
レースでは好スタートを決めて2番手から進むもペースについていけず10頭中9着(8番人気)でした。
最少馬体重出走記録を調べたところ1973年4月に小倉でジャンヌダルクが336キロで出走、最近では金沢のナツノボーナスが園田所属時の'08年12月に339キロで出走しています。
最少記録にも期待したいところですが、やはり結果を出してほしいところ。力をつけて目指せ上位。

にほんブログ村 地方競馬・ばんえい
↑よろしければ、1日1回クリックをお願いします。


posted by 草摩 at 21:14| 広島 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | サラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
全体的に牝馬が占めてるだけに牡馬にも頑張って欲しいところだ
Posted by 勝負師 at 2009年07月27日 22:26
カープといえば、園田にカープという冠号の馬主さんがいるね。タイガース一色という土地柄のなか、カープという冠号で走らせる馬主さんのセンスはなかなかのものだ。
福山に馬を入れればいいのに。
Posted by マックス at 2009年07月27日 23:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。