2012年04月15日

福山桜花賞はサマースピード一気強襲で初載冠

4月15日に福山桜花賞が行われ、岡田祥嗣騎手騎乗の単勝3番人気サマースピード(牡6・徳本きゅう舎)が優勝しました。

201204151.jpg

201204152.jpg
【福山桜花賞 着順】
1着サマースピード   岡 田 2:33.8 3人気
2着グラスヴィクター  田 中  2  4人気
3着クラマテング     嬉  1/2 2人気
4着ゲットワンダー   佐 原  2  1人気
5着ユーガットテースト 山 崎 2・1/2 8人気

201204153.jpg

201204154.jpg
勝ったサマースピードは逃げるクラマテングを尻目に中団を追走、残り800mから進出を開始し3〜4コーナーでは3番手まで進出、最後の直線入口でインを強襲し抜け出すとグラスヴィクターに2馬身差をつけて勝利。
これで転入4戦3勝2着1回、重賞初載冠となりました。
鞍上の岡田騎手は3月の福山弥生賞(アグリノキセキ)に続いての勝利。
クラマテングの福山桜花賞4連覇を阻んだこのコンビ、次走の目標は新設の福山記念、西日本グランプリあたりか。OP戦線の大将として息の長い活躍ができるか、注目したいところ。


posted by 草摩 at 21:57| 広島 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 重賞・特別競走 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
サマースピード強かったですね。
クラマテングは抜かされると、二の足がないのできついです。
またマリーに周藤が乗るとは…

田中学騎手は、ヴィクターのために依頼されて来たんですか?
そういう依頼もあるんですかね?
あと、エーシンエヴァンは引退したみたいですね。
カゼノコウテイは門別に帰りました。
残念
Posted by けん at 2012年04月16日 00:02
重賞の時は騎手依頼に幅がきくみたいなのを聞いたことがあるけど
以前も園田の騎手が乗りにきたことがあるよ
Posted by 勝負師 at 2012年04月16日 01:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。