2012年12月02日

福山王冠はマイネルプレジャー初載冠!

12月2日に3歳重賞・福山王冠が行われ、嬉勝則騎手騎乗の単勝3番人気マイネルプレジャー(牡3・高本敏きゅう舎)が優勝しました。

201212021.jpg

201212022.jpg

201212023.jpg
【福山王冠 着順】
1着マイネルプレジャー  嬉  1:58.1 3人気
2着キモンエンジェル  岡 田  クビ  1人気
3着アグリノキセキ   岡 崎  3  6人気
4着モリデンヴィーナス 田 中  1  9人気
5着ホッカイキコチャン 野 田 2・1/2 5人気

201212024.jpg
勝ったマイネルプレジャーは好スタートを決めると1番人気キモンエンジェルとの先行争いからハナを主張しレースを引っ張る展開、向正面でキモンエンジェルがスパートを掛けるも動じず2頭が先頭のまま最後の直線へ。ゴール前まで2頭の叩き合いになるもマイネルプレジャーがクビ差振り切って優勝。
マイネルプレジャーは鞆の浦賞3着、紅葉賞2着と惜しいレースが続いていましたがようやく重賞勝利となりました。
鞍上の嬉騎手は銀杯(ユメミルチカラ)以来の重賞勝利。このコンビで最後の最後まで素晴らしいドラマを見せてほしいものです。

201212025.JPG
そしてこの日はカープ選手2名が福山競馬場へ来場。
3レース終了後に行われた紹介式、4レース終了後に行われたサイン会には競馬ファンだけでなく多くのカープファンが詰め掛けました。

201212026.jpg
地元広陵高校出身の中田廉投手

201212027.jpg
達川2世の呼び声が高い上村和裕捕手

7、8レースではそれぞれの選手名の冠レースが行われ、表彰式後のインタビューでは来季に向けた意気込みを語ってくれました。
両選手の来季の活躍を祈ります。


12月1日には2005年の福山ダービー馬・チュウオーバロンが福山へ里帰りしました。
現在は岡山大学馬術部に所属し、馬術大会にて優勝の実績もあります。

201212011.jpg
第7レースの冠レース「チュウオーバロン馬術優勝記念」の本馬場入場にて誘導馬として登場。
岡山大学馬術部、そして福山ダービーで手綱を取った周藤直樹騎手とともに登場しました。

201212012.jpg
かつて福山を沸かせたアラブ馬たちがこうやって帰ってきてくれるのは嬉しいものです。
こういった形で里帰りしてくれた関係者の方々に感謝です。

posted by 草摩 at 23:17| 広島 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 重賞・特別競走 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
地方競馬サイトに、1月から3月までのIPATスケジュール載りましたね。
福山はファイナルグランプリで本当のファイナルです。
Posted by けん at 2012年12月03日 17:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/304929955

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。