2007年01月21日

アラブ女帝・ラピッドリーラン引退セレモニー

福山のアラブ女帝として活躍していたラピッドリーラン号の引退セレモニーが21日(日)、福山競馬場第9レース終了後に行われました。

rappidri-ran.jpg rappidri-ran0.jpg
引退セレモニーはスタンド前を周回する引退のお披露目と、関係者による口取り、そして主戦の片桐騎手へのインタビューでした。
この馬は、レースの時は本馬場入場するとスタンド前に来ずにすぐ待避所へ行ってしまうため、スタンド間近でこの馬を見るという事は少なかったのですが、スタンド前の大勢のお客さんの前でやや興奮していたようです。。
競走馬は馬場に入ると走る気を起こすと言いますが、このセレモニーの舞台で馬場に入りスタンド前をゆっくり回ったラピッドリーランはどんな気持ちだったのでしょう。

まだ走れそうですが、今後はお母さんとして仔を競馬場へ送ることになります。
ラピッドの仔がサラ系もしくはアラブ馬として福山で走るのを楽しみにしています。

ラピッドリーラン、お疲れ様でした。
posted by 草摩 at 19:36| 広島 | Comment(1) | TrackBack(0) | アラブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まだ走れそうだが牝馬だし、ここらが潮時だったね!

画像からではラピッドリーランはこれからレースかといった雰囲気が出てるな(笑)
Posted by 勝負師 at 2007年01月21日 19:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。