2013年03月26日

福山けいばラストウイーク 3月24日・その1

最終日の模様です。

2013032411.jpg
開門前から大勢の人が入場を待ち構えており、予定よりも10分早い9時35分の開門となりました。
第1レースのパドックからご覧の通り大勢の人で賑わっています。
この日の入場者数は10273人を記録しました。

2013032412.jpg
ジョッキーもこの日はファンサービスたっぷり。
第1レースからウイニングランを行い客席に向かってムチやゴーグルを投げ入れていました。

2013032413.jpg
藤本騎手は出走した全レースで客席にムチを投げ入れるサービスも。

2013032414.jpg
1着でも、そうでなくても、レース後はスタンド前を通過しファンの声援に応えます。

2013032415.jpg
誘導馬ペドロに跨る高森さんも笑顔でファンの声援に応え終始にこやかでした。

2013032416.jpg
福山での最後の騎乗を終え、ファンの前で挨拶し引き揚げる下村騎手。


ファイナルグランプリ、ファイナルセレモニーは次回に
posted by 草摩 at 23:59| 広島 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 福山けいば全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
高知競馬
中四国連携競走
30日 第1回 御厨人窟賞
31日 第1回 土佐春花賞
福山所属として、佐原、嬉、下村が参戦予定ですね。 
Posted by けん at 2013年03月27日 14:17
最終日の入場者が1万人超えましたね。
いつ以来でしょうか。
場内を歩いていているとなんか色々昔の事が思い出されました。
山本ショウテンの焼きそばの大行列を見るにつけ、そう言えば長い時は単勝、複勝売り場まで列が伸びてたなぁと。
あそこのホールはペラペラ馬券時代、単勝、複勝売り場だったんです。
ヤナイエースが活躍していた昭和50年代半ばまでは平均入場者で1万人を超えており、これがごくありふれたいつもの景色だったんですけどね。
基本土曜、日曜、月曜開催で第3週は開催無し。
金杯後の7月第2週から9月半ばまで夏休み。
今思えばそれでも黒字だったんだから夢のような時代ですね。
当時は多少上下はあってもこれが永遠に続くと思われたし、ましてやアラブ競争が無くなるなんて思いもしませんでした。
最後の一瞬とはいえ昔の賑やかさを取り戻せ、63年の歴史に幕を引けたのは本当に良かった。
Posted by ヤナイエースでおけら at 2013年03月27日 18:08
地元ニュースでは1995年以来の一万人超えらしいよ

高校の頃はその年より少し後だったけど一万人近くいた印象はあまり残って無いから15年以上前から人が減り続けたってことになるのかな(それでも駐車場は埋まってた)

恥ずかしい話であれだけど当時は走っているのはサラブレッドだと思ってた頃があった

となると赤ん坊のころに親父が動物園と称して競馬場に連れて行ってた頃はまだまだピーク時期か
Posted by 勝負師 at 2013年03月27日 19:43
俺が競馬場に通いだした頃は土曜日、月曜日でも2億くらい売れていたな

ヤナイエース、ミスタマキの頃は行った事はないが、当時の写真とか見ると、スタンドにビッシリ観客が入っていて、1万どころじゃない感じだ

俺が競馬場に通いだしたのはハイセンプーが三冠達成した年だが、当時は一階はいつも大混雑だった。

当時の尾道ラーメンは今のとは違い、背脂が大量に浮かんでいたね。一杯400円だった。
焼きそばは当時と変わってないような。

当時は場内にマズイうどんを売る自販機があったなぁ
Posted by マックス at 2013年03月27日 22:18
入場者数の1万人超えが、凄く久しぶりだったのですね。
ファイナルグランプリのレースを観ながら、「昔の大一番は、こうやって格下の馬が、一か八かのレースをしたんだよなぁ」と思いました。
Posted by キングトップラン at 2013年03月28日 14:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/352507402

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。