2007年11月20日

兵庫JGP、ウルトラエナジー苦杯11着

ウルトラエナジー
20日(火)、園田競馬場で行われた兵庫ジュニアグランプリ(Jpn2)へ福山からウルトラエナジー(牝2・徳本厩舎)が参戦しました。
福山所属馬としては初のダートグレードレース挑戦、交流レースで中央の馬と初めて戦います。
福山でもまだ底を見せていない力の持ち主、ハイレベルな舞台でも通用するのか注目が集まりました。
人気は中央勢が上位を占めましたが、ウルトラエナジーは福山での無敗馬ということで7番人気に支持されました。

レース1周目
レースは地元アルアルアルが先手を奪い、福山ウルトラエナジーも果敢に先行し中央馬タカラストーンと並んで好位追走、兵庫ディアースパークル、中央ディアヤマトと続きます。
道中うまく先行集団にとりついていいレース運びをしているように思えましたが、向正面からウルトラエナジー岡田騎手の手が動き始めると先頭集団から徐々に後退、直線入り口では離れた最後方に落ちてしまいました。
それでも最後まで必死に追ったものの勝ち馬から5秒離されたシンガリ11着でした。

【兵庫ジュニアグランプリ 着順】
1着ディアヤマト(JRA)  柴山雄 1:28.7  1人気
2着タカラストーン(JRA) 後藤浩 2・1/2  2人気
3着アルアルアル(兵庫)   田中学 1・1/4  6人気
4着チェイリュイ(笠松)   佐藤友 3・1/2  5人気
5着タッカールーラー(兵庫) 川原正  3   10人気


11着ウルトラエナジー(福山) 岡田祥 1:34.1  7人気


福山であれだけ強い走りをしているのに全国レベルにはまだ程遠いのかとも思いましたが、レース後にとある福山競馬関係者とお会いすることができ、話をしたのですが、どうやら1〜2コーナーで並走していたタカラストーンと頭が接触してそれで走る気を失くしたようだ、という事らしいです。
これまで揉まれる競馬を経験していなかったので、気性の幼い面が出たというところでしょうか。
この悔しさをバネに再び交流競走へ挑戦してリベンジを果たしてほしいところ。
ですが、まずは来月9日の重賞・ヤングチャンピオンへ向けて体勢を立て直し福山で強いウルトラエナジーを見せてほしいです。

6レース岡田騎手
岡田騎手はメインレースの他に、第6レースにセトプリンスに騎乗し2着(2人気)でした。
リーディングはトップの渡辺騎手にやや離されていますが上位をキープ。イケノスリリングなど強いお手馬もいるので逆転へ向けて徐々に差を詰めたいところです。


posted by 草摩 at 21:39| 広島 ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | サラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
他馬との接触があったわけか。小柄な馬だけにひとたまりもないが、そういう事態を避けるためにもハナに立つレースをしたかったところだな
Posted by マックス at 2007年11月20日 21:50
逃げしかやってなかった弱点が出てしまったな
生粋の逃げ馬になるか実戦で違ったパターンを試すかは陣営次第だがやはりこういった多頭数の競馬で揉まれても動じないように実戦で鍛える必要はありそうだな

まぁ〜交流戦デビューはホロ苦いというか実力を充分発揮出来なかったの悔しい結果だな
次回があればまた挑戦して欲しいところだ

アブソルートウィンが日程的にも菊花賞の登録をしていないところからヤングチャンピオンに出るにはちょっとキツイな
しかも去年のようなトライアルレース制になるとレースに出れない事になるぞ

Posted by 勝負師 at 2007年11月20日 22:03
簡単に言えばパッチンをくらったわけだろ?控える競馬の経験があったとしても、盛り返すのは困難だったろう。それ以前にハナを叩かれたのが痛かった。ハナに行こうとして目一杯押したが早さ負けしたのか、内枠の馬が出て来たので早々にハナを諦めたのか、どちらだったのか?
Posted by マックス at 2007年11月20日 22:27
ハナは無理だから番手へって感じの位置取りだった。
コーナーで若干外に開いた所を、内に閉じ籠ってた後藤がすかさず外へ出した時にぶつかった。


後はズルズル後退していった。



笠松の佐藤Jのブログに呆然としてる岡田が写ってるよ。
Posted by 名無しですが at 2007年11月20日 22:43
ウルトラエナジーとタカラストーンでは馬体重が100キロも差があるから、500キロ超の馬体で接触されたらひとたまりもないな。
審議ギリギリぐらい無理矢理にでもいい位置を取りに行くところはさすが中央のトップジョッキーという感じか。
Posted by 管理人@草摩 at 2007年11月20日 22:54
厳しいけどこれが現実かなあ。馬も騎手も遠征がまだまだ必要かな。
                        個人的に思うことは中央交流の重賞は短距離より1800以上の方がまだ可能性があると思う。モモカプリンセスのような追い込み脚質ならまだバテた馬を交せると思うし。
Posted by スズナリキン at 2007年11月20日 23:22
スピード負けしたのは仕方無いがレースらしいレースが出来なかったのは岡田騎手も呆然だろうな

ただこれにめげて欲しくは無いところだ
さらなる向上を目指さなくてはな

ウルトラエナジーじたいも完成目前といったところなのでこれからのレースは勝つのは当然ならタイムを含めた内容の濃いレースをしてレベルアップを計りたいところだ
Posted by 勝負師 at 2007年11月21日 00:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。