2008年02月24日

ウルトラエナジー頑張った!中央挑戦への大きな一歩

24日(日)にJRA京都競馬場で行われた特別指定交流競走へ福山からウルトラエナジーが参戦。
福山勢としては人馬ともに初のJRA挑戦となりました。

200802241.jpg
ウルトラエナジーはいつもの遠征と比べて馬体減もなくうまく仕上がっていたように見えました。
岡田騎手が跨ると早く走りたいのかチャカつく面も見えましたが、これはいつも通りといったところでしょうか。
中央競馬では勝負服は馬主毎になるので今回はチアズの勝負服となりました。

200802242.jpg
レースはポンとスタートを切ると思い切って先頭へ。他馬を寄せ付けず快調に飛ばしていましたが、残り400から徐々にペースダウン。

200802243.jpg
京都の長い直線をもちこたえられず16着に終わりましたが、スタートダッシュは通用したし、見せ場を作ってくれただけでもよかったと思います。
初の中央挑戦なのであまり多くを求めていませんでしたが、無事に回ってきてくれたのでまずは一安心でした。

200802244.jpg
岡田騎手はこの後も10、11、12レースへ騎乗しました。
10レースでは調教師リーディングの藤沢和雄厩舎の馬へ騎乗し、そしてメインの11レースではグランプリオーロラ号(写真、大外12番緑帽)で馬券圏内へあと一歩の4着へ健闘しました。

まずは福山サラブレッドの歴史へ大きな一歩を踏み出しました。
この遠征が中央挑戦への礎となったのではないでしょうか。
今後も福山所属馬が中央で走ることを期待しましょう。


posted by 草摩 at 21:12| 広島 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | サラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
着順については陣営もこだわらず行けるところまで行くという作戦だったろうし、とりあえず逃げて4コーナーを先頭で回ったのだから逃げ馬としての最低限の仕事はしたと思う。
それに福山の馬でもテンの速い馬は中央でも先行出来ると証明したのは大きい。あと少しスタミナのある馬なら、中央の馬を何頭か負かせるかもしれないし、今後の目安として今回のレースを生かしてほしいね
Posted by マックス at 2008年02月24日 21:39
16着とはいえ、大差をつけられて離されたのではなく、勝ち馬とそれほど差はないし、ゴール直前で差されてのものだから、決して通用しないという事はなさそうだったよ。

某氏によれば、この馬は冬場は毛づやが落ちているとのことなので、春以降の活躍に期待できそうかな。
Posted by 管理人@草摩 at 2008年02月24日 21:47
最初の遠征で世代最強馬を送り出し、スピードも通用せずに中団追走からすぐに後退、大差の最下位。という最悪のパターンも考えられていただけに、後に続く陣営に、ウルトラエナジーより強い馬が出て来ればなんとかやれそうだと思わせたのはよかったなぁ
Posted by マックス at 2008年02月24日 22:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。