2008年04月06日

急成長中の若手、三村展久騎手

しばらく福山開催がないので、今回も好きな馬とか騎手のお話を。
第2回は三村展久騎手を特集します。

jk_mimura.jpg
三村騎手は2007年度は4月8日から3月10日までで65勝を挙げ、リーディング第3位。
2006年の39勝から約7割増しで勝ち星を伸ばしており、昨年1年間で急成長しました。
今年2月には園田競馬場で重賞レース(園田ユースカップ・テンテンマルス号)にも騎乗し、他場への遠征も多くなりました。
馬の追い方に力強さが増し、その迫力ある騎乗スタイルは「剛腕」と言ってもいいでしょうか。
そして昨年4月より勝負服も一新し、青と水色の勝負服で一層存在感を増しています。






'07年鞆の浦賞より
しかし重賞であと一歩のところが多く、昨年度は2着が3度。
紅葉賞のホクザンファイズ、そしてブランキーニでの鞆の浦賞と、僅差の惜しいレースもありました。
サンディナナやブレーヴヒーローといった有力なお手馬も揃っており、今年度は'06年の3歳牝特(コルドバクィーン)以来の重賞ゲットなるか。

三村騎手は寡黙ながらもその甘いマスクもセールスポイント。
タイプとしてはスラムダンクの流川楓のようなクールそうなイメージがあります。
嬉騎手、黒川騎手に続く第3のイケメンジョッキーとして2008年度はさらなる成長に期待したいところです。


競馬ブログ 地方競馬・ばんえい
↑よろしければ、1日1回クリックをお願いします。


posted by 草摩 at 21:02| 広島 | Comment(0) | TrackBack(0) | 騎手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。