2008年05月28日

ウルトラエナジーが電撃引退

ウルトラエナジー
福山エース、キンキのサイトにてウルトラエナジー(牝3・徳本きゅう舎)の引退が発表されたようです。
元々は中央に移籍する予定でしたが、調教中の故障によりやむなく引退となりました。

同馬は父マヤノトップガン、母ファーストゴシップ(母父アレミロード)の血統。
通算成績は15戦8勝(2着4回)で、主な重賞勝ちはクイーンカップ、福山ダービー2着、ヤングチャンピオン2着。
認定新馬戦・エリートストーリーで800mレコードタイムの圧勝で衝撃的なデビューを飾ると、その後は破竹の勢いで勝ち星を重ね通算8勝、引退まで地元福山では連を外さない快速を見せてくれました。
また、積極的に遠征し、兵庫ジュニアグランプリ(園田・GU)や京都競馬場にて地方所属馬として中央のレースに出走するなど、福山サラブレッドに遠征への道を切り拓いてくれました。

今後は繁殖牝馬として余生を送ります。
将来、ウルトラエナジーの仔が福山で走り、母の果たせなかった福山ダービー制覇を成し遂げてくれることを期待しましょう。

にほんブログ村 地方競馬・ばんえい
↑よろしければ、1日1回クリックをお願いします。


posted by 草摩 at 22:57| 広島 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 転入・転出馬情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
調整の難しい牝馬だし体重が減ってたから脚下に疲れが溜まっていたのが爆発したかな
繁殖牝馬に上がるということで子に期待だね
Posted by 勝負師 at 2008年05月29日 07:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。