2012年07月14日

モナクカバキチが最多勝記録更新!

7月14日に第1レースで岡崎準騎手騎乗のモナクカバキチ(牡13・荻田きゅう舎)が1着となりました。
これで通算55勝となり、地方競馬最多勝記録を更新しました。

201207141.jpg
昨年7月24日にエスケープハッチの持つ通算54勝のタイ記録に並んで以来約1年。
この間20戦勝ちから遠ざかっていましたが、この馬にとって相性のいい暑い季節を迎えて調子も上向き、ここ3走連続2着と1着への期待は十分高まっていました。
13歳モナクカバキチと鞍上は51歳の岡崎騎手、人馬とも福山最年長のコンビで記録達成に挑みます。

201207142.jpg
今日はきっちりとスタートを決めて好位3番手を追走。虎視眈々と前を狙います。
勝負どころの3コーナー手前で前2頭との差が離れかけるも再び追い上げ前との差を縮めていく。

201207143.jpg
最後の直線では外に持ち出して一気に前を捉えにかかる

201207144.jpg
残り50mで2番アイディンミラクルに並びかけると、ゴール前でモナクカバキチがクビ差抜け出した。

201207145.jpg
ゴール後、モナクカバキチが1着との場内実況が流れると場内のファンから拍手が起こりました。
ウイニングランはなかったものの、引き揚げてきた岡崎騎手はすぐさまファンの待つスタンドへ向かい、大きな歓声に応えていました。

201207146.jpg
2001年のデビュー以来215戦目で成し遂げた大記録。
記録達成の今後は13歳という年齢もあり現役を続けていくかは分かりませんが、やはりカバキチの走っている姿をまだまだ見たいものです。
そして56勝、57勝とさらに自身の記録更新をしてほしいものです。

posted by 草摩 at 21:36| 広島 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | アラブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月14日

さらばアラブ最後の怪物、バクシンオー引退式

アラブ最後の怪物・バクシンオー号の引退式が14日に行われました。

201008141.JPG
201008142.JPG
引退式では'07年に福山大賞典を制した優勝レイを掛けて登場。表彰台までゆっくりと歩いていき、ファンに最後の雄姿を披露しました。
セレモニーではオーナーら関係者による感謝のメッセージもあり、表彰台前に集まった多くのファンから温かい拍手が送られました。

バクシンオーは父カヅミネオン、母ハクバジュリー(母父スマノダイドウ)の血統、通算成績は58戦34勝(2着11回)。
重賞勝鞍は'06キングカップ、'06福山ダービー、'06アラブ王冠、'07福山大賞典、'08福山アラブマイラーズ。

また1頭、アラブ競馬を支えてきた立役者が競馬場を去ってしまいました。
今後は兵庫県で乗馬として余生を送るようです。
夢と感動をありがとう、そしてお疲れ様でした。


競馬ブログ 地方競馬・ばんえい
↑よろしければ、1日1回クリックをお願いします。
posted by 草摩 at 21:44| 広島 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | アラブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月18日

アラブ特別の名称決定&アラブレース終焉間近のお知らせ

ファンからの公募により「アラブ特別」の名称を募集していましたが、このたびその名称が決定しました。

開設60周年記念 アラブ特別レジェンド賞

福山競馬を支えてきたアラブたち。そのアラブに敬意を表するとともに、このレースが後世に語り継がれるよう伝説に残るレースに期待したいところです。


その一方で、残念なお知らせも入ってきました。
福山競馬場で在籍しているアラブ頭数がついに40頭を切ってしまい、アラブ単独レースは第9回開催(8月30日〜9月13日)までとなってしまいました。
アラブ特別が終わるまでは何とか頭数が保ってくれるかと思われましたが、残念ながらとうとうこの時がきてしまいました。
実質的なアラブ単独の最後のレースは9月27日のアラブ特別ではありますが、次開催はぜひともアラブレースに注目して皆さんの目に焼き付けてほしいものです。
posted by 草摩 at 21:16| 広島 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | アラブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月04日

2冠馬ユノフォーティーン、7ヶ月ぶりV

2007020401.JPG
2月4日(日)第10レースに行われた「エフエムふくやまレディオBINGO賞」に出走したユノフォーティーンが、昨年7月2日の金魚特別(A1)以来7ヶ月ぶりの勝利を飾りました。

レースは大賞典を勝ったバクシンオーとの一騎打ちでしたが、ユノフォーティーンが逃げて先頭、バクシンオーはこれを見るように2番手追走、3コーナーからバクシンオーの手綱が動くもユノフォーティーンはマイペース、最後の直線でも粘って2着バクシンオーに2馬身差の勝利。

2007020402.JPG
大賞典ではハイペースが祟るも3着に粘った力は本物、休養明け3戦目でようやく目覚めたか、怪物まだまだ健在をアピールする走りでした。
サポーターズクラブでユノフォーティーンを指名していたので、サポクラ特権で口取り写真に一緒に収まりました。
某競馬新聞のホームページで写ってるかも
posted by 草摩 at 19:09| 広島 ☀| Comment(20) | TrackBack(0) | アラブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月21日

アラブ女帝・ラピッドリーラン引退セレモニー

福山のアラブ女帝として活躍していたラピッドリーラン号の引退セレモニーが21日(日)、福山競馬場第9レース終了後に行われました。

rappidri-ran.jpg rappidri-ran0.jpg
引退セレモニーはスタンド前を周回する引退のお披露目と、関係者による口取り、そして主戦の片桐騎手へのインタビューでした。
この馬は、レースの時は本馬場入場するとスタンド前に来ずにすぐ待避所へ行ってしまうため、スタンド間近でこの馬を見るという事は少なかったのですが、スタンド前の大勢のお客さんの前でやや興奮していたようです。。
競走馬は馬場に入ると走る気を起こすと言いますが、このセレモニーの舞台で馬場に入りスタンド前をゆっくり回ったラピッドリーランはどんな気持ちだったのでしょう。

まだ走れそうですが、今後はお母さんとして仔を競馬場へ送ることになります。
ラピッドの仔がサラ系もしくはアラブ馬として福山で走るのを楽しみにしています。

ラピッドリーラン、お疲れ様でした。
posted by 草摩 at 19:36| 広島 | Comment(1) | TrackBack(0) | アラブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月15日

ラピッドリーラン引退レースは2着、引退式は21日

1月14日第11レース、猪年特別(アラブ系A1)にこのレースを最後に引退するラピッドリーランが出走しました。
昨年引退したスイグンらとともに、福山アラブ戦線を牽引してきた女帝。齢を重ねて7歳となりましたがそれでも華麗な逃げを見せてきましたが、いよいよ最後のレースとなりました。

単勝人気は2.7倍(最終オッズ)と多くのファンが応援馬券を買い、1番人気に支持されました。
レースはスタートからこの馬らしくハナを奪い引退の花道を飾るべく先頭を切っての逃亡劇。
そのスピードは止まらず、残り600を過ぎてもまだ余裕の手ごたえ…に見えたが、ラピッドの直後2番手を追走していたヤスキノショウキに最後の直線で交わされ、引退レースはクビ差の2着でした。
敗れはしましたが、最後までその強さは失われていなかったでしょう。
スイグン、ユノエキスパートエージェント、メイユウオライオン…幾多のライバルたちに阻まれ勝ちに恵まれませんでしたが、そのライバル達がいなくなってからのアラブ戦線を引っ張ってきたこの馬の勇姿は忘れないだろう。
今後は北海道の白馬牧場で繁殖馬として第2の馬生を送る予定です。

ラピッドリーランの引退式は1月21日(日)、第9レース終了後に行われます。
是非とも最後の勇姿を見に行きましょう。
スイグン引退式同様、サポクラ会員は口取りに入れるのかな?


ラピッドリーラン  牝7
血  統:父カヅミネオン 母ラインココ(スマノダイドウ)
所属厩舎:那俄性哲也
主戦騎手:片桐正雪
戦  績:72戦30勝(2着12回)
重賞勝鞍:'06タマツバキ記念、'05福山菊花賞、'06,'05金杯、'03園田、福山交流、'04新春賞
posted by 草摩 at 22:17| 広島 | Comment(4) | TrackBack(0) | アラブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月16日

アラブ3歳馬グッドスルー5連勝

121601.JPG
16日(土)第9レースに行われたアラブ系C2選抜戦・福山地方卸売市場賞に目下4連勝中のグッドスルー(牡3・田代厩舎)が登場。
レースは道中2番手から進み、逃げて粘るイケイケピカイチとのゴール前の叩き合いを制して9月18日より5連勝を達成。
3歳戦のアラブ王冠に出走できなかったのは残念ですが、勢いだけなら結構いいところまで行けたのではないでしょうか。

グッドスルーは父カヅミネオン、母マウントシロー(母父ミヤシロオー)の血統、通算成績は21戦7勝(2着2回)。

121602.JPG
そしてこの日の最終レース、サラ系A1戦・シンビジューム特別に、帝王賞などの交流重賞戦線を戦ってきたタカオライアン(牡7・萩田厩舎)が福山へ初登場しました。
レースはハヤザキが、アブソルートウインが引っ張る展開をタカオライアンは外目3番手追走。
残り600mから先頭集団へ取り付くも逃げるハヤザキを最後まで交わせず、転入初戦は半馬身差の2着となるまずまずの結果でした。
今後はこの馬は福山を離れて交流重賞戦線へ向かうのか、それとも新設のサラ重賞・椿賞を目指すのでしょうか、気になるところです。
posted by 草摩 at 18:07| 広島 ☁| Comment(9) | TrackBack(0) | アラブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月14日

ユキノホマレ復帰戦は19日(日)最終レース

ユキノホマレ
3月19日のローゼンホーマ記念1着以来、故障のため休養していたユキノホマレ(牡7・田代厩舎)が11月19日の最終レースで戦線復帰することになりました。
11月10日に行われた能力検査も好時計でクリア。
出走登録しているライバル馬は、3歳代表格バクシンオーをはじめ福山菊花賞馬ヤスキノショウキなど強豪ばかり。
正月の大賞典4勝目へ向けて、復帰第1戦ではどんな走りを見せてくれるのでしょうか。


バードゥブルン
予告ですが、12月3日(日)は、サラブレッド導入1周年を記念して高知よりサラブレッドを招待し「第1回高知・福山サラブレッド交流競走」が行われます。
高知からは15連勝をマークしたアスカノブラスターや、地元重賞・珊瑚冠賞勝ちのマイネルリチャードら5頭が招待されます。
地元代表は追い込みの女王・バードゥブルン(写真)、アブソルートウイン、タカトモサンサン、フジノシノプシス、ハヤザキの5頭が出走登録。
うーん、どうせならタガノオウジやファニーカイザーら、福山で成績を残している馬に出てほしかったなぁ。収得賞金が高いだけで転入以来結果が出てない馬ばかり出ても面白みが薄れるかも。
しかし、初のサラブレッド同士の交流戦という事で他地区とのレベルを測るにはいいかも知れない。
これを機にJRAや他地区との交流競走が福山でも盛んに行われればいいのですが。
posted by 草摩 at 22:18| 広島 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | アラブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月22日

アラブGP馬マルチジャガーが電撃移籍

2004年の全日本アラブグランプリ(福山)を勝ったマルチジャガー(高知・松木厩舎)は、7月9日の朝顔特別4着を最後に那俄性哲也厩舎に移籍しました。
移籍したという話はこの数日前あたりから聞いていたのですが、NAR公式ページの情報が変更されていませんでしたので、発表を躊躇っていたわけです。
このマルチジャガーは、先日地方競馬最多勝となる47勝目を達成したエスケープハッチとの高知アラブ2強を形成していましたが、残念ながら移籍となったわけです。
この馬は今年も重賞勝ちがあり、能力的にはまだまだいけるとは思いますが、アラブGPでメイユウオライオンやホーエイスナイパーらを下した勢いはまだ健在なのでしょうか?

余談ですが、マルチジャガーの移籍で高知アラブ2強の一角が崩れてしまい、高知アラブ戦線はエスケープハッチの独壇場で最多勝記録がどんどんと更新されていくのでしょうか。エスケープハッチ最多勝記録更新も気になるところ


マルチジャガー 牡5
血統 父:ナイスフレンド、母:カネヤマロマン(キタノトウザイ)
厩舎 那俄性哲也
戦績 51戦30勝(2着11回) 高知
【重賞勝鞍】
'04全日本アラブグランプリ(福山)
'06南国桜花賞(高知)
'04マンペイ記念(高知)
'04荒鷲賞(高知)
'03銀の鞍賞(高知)
posted by 草摩 at 10:16| 広島 ☀| Comment(24) | TrackBack(0) | アラブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月09日

福山で一番極端な(?)馬、タカサゴヒット3連勝

福山である意味一番面白い馬といえば、タカサゴヒットでしょう。
道中離されたシンガリから、気がついたら馬群に取り付いてゴール前差し切り勝ち。このパターンで現在3連勝中です。
福山で極端な戦法を取りながらも結果を出しており、ある意味福山のディープインパクト(byモーチャン)かも知れません。
どのくらい凄いかは下の写真で確認して下さい。

10月9日第9レース 紅葉賞(アラブ系A2 1800m)
2006100901.jpg
レース1周目。
馬群から50m以上離れたシンガリ追走

2006100902.jpg
最後の直線。青帽(4番)がタカサゴヒット。
外から一気に差し切り勝ち。

レース後、鞍上の藤本騎手が落馬し担架で運ばれるアクシデントがありましたが、その後に行われた表彰式ではファンから「サブちゃん、大丈夫かぁ〜?」と言われてましたが、影響はないようで無事をアピールしてました。

この馬は今の勢いならばオープンに上がる日も近いかも知れません。
逃げるラピッドリーランやユノフォーティーンらを豪快に捉えることができるか、応援したい1頭です。
posted by 草摩 at 22:10| 広島 | Comment(6) | TrackBack(1) | アラブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月21日

福山ダービー馬・チュウオーバロンが引退

チュウオーバロン

'05年の福山ダービーを制したチュウオーバロン(牡4・小嶺)が5/5のこいのぼり特別(B2)7着を最後に引退しました。
この馬は、初めて本場に行って観戦した福山ダービーで度肝を抜く追い込み劇を見せてくれ、福山競馬への興味を抱かせてくれた馬でしたが、残念です。

通算成績は32戦5勝(2着4回)
重賞成績は、'05福山ダービー1着、アラブ王冠2着、鞆の浦賞5着


そしてオープンで活躍していたニュータイム(牡8・胡本)は、6/18の福山てんまや賞8着を最後に高知・別府厩舎へ移籍することになりました。
この馬は長丁場に強いイメージがあり、2250m戦では4戦して1勝2着2回3着1回と3連単圏内を外していません。
高知の能検タイムも良かったようなので、新天地での活躍を期待します。

血統は、父サカノタイム、母ニューリスボン(母父スイセイガバナー)
通算成績は109戦16勝(2着23回)
重賞成績は、'05新春賞2着、'04金杯3着、'05福山菊花賞3着
posted by 草摩 at 10:51| 広島 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | アラブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月18日

気になったお馬さん

uwasanootoko.jpg

「男」と書かれたメンコがシブイウワサノオトコ号です。
大賞典の日に出走していました。
「男」メンコに惹かれて思わず撮っちゃいました。

ツッパることがおとこ〜の〜♪ たったひとつの勲章だって〜♪(by嶋大輔)
posted by 草摩 at 16:13| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アラブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。