2007年11月12日

兵庫クイーンカップ、アブソルートウインは3枠3番

14日(水)に園田競馬場で行われる第4回兵庫クイーンカップの枠順が発表され、福山代表のアブソルートウインは3枠に入りました。
出走馬は8頭とやや寂しい感もありますが、勝機も十分。枠順は次のとおりです。

11月14日(水) 園田 第11競走 1700m 15:55発走
第4回 兵庫クイーンカップ

1レッドクレオパトラ(兵庫) 田中学
2ラストステージ(兵庫)   吉村智
アブソルートウイン(福山) 渡辺博
4ノーメイク(兵庫)     木村健
5エイユーラブリー(兵庫)  下原理
6リュウヨウ(金沢)     中川雅
7ビビットプラム(兵庫)   大山真
8クインオブクイン(笠松)  浜口楠


地元トラックマンの評価です。(園田・姫路競馬公式サイトより)
アブソルートウイン(福山)も軽視は禁物。地区的なレベル差を考慮すれば強くは推せないが、福山ではトップレベルの馬。距離の1700mもベスト。今回は人気の盲点になりそうな雰囲気だけに、馬券的には絶好の狙い目になってくる。

地元でも穴馬候補として挙げられており、好配当を演出してくれる事を期待したいです。
園田コースではスターゴールドが園田クイーンセレクションで3着の実績もあり、コースも福山に似た小回りコース。
前に行きたい馬も多数おり、先行争いがカギになりそう。いつも通りスンナリとハナを奪えればいいのですが。


このレースは福山競馬場及び
駅前場外、シャトル各場でも発売されます。
場外から、現地から、福山の代表馬の応援をよろしくお願いします。

競馬ブログ 地方競馬・ばんえい
↑よろしければ、1日1回クリックをお願いします。


posted by 草摩 at 22:48| 広島 ☀| Comment(30) | TrackBack(0) | サラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月07日

アブソルートウイン、ウルトラエナジーが園田交流重賞へ挑戦

アブソルートウイン(牝4・吉井勝厩舎)が11月14日に行われる兵庫クイーンカップへ、ウルトラエナジー(牝2・徳本厩舎)が11月20日(火)に行われる兵庫ジュニアグランプリ(JpnU)へ遠征します。
いずれも園田競馬場で行われる交流競走ですが、ウルトラエナジーの出走する兵庫ジュニアGPは福山所属馬としては初となるダートグレード競走への挑戦となります。

アブソルートウイン
兵庫クイーンカップに出走するアブソルートウイン。福山を代表する快速逃げ馬で、今年2月に重賞・椿賞を勝ち、佐賀所属時にも3歳牝馬重賞を制しておりその強さは十分。
鞍上は渡辺騎手が手綱を取る予定です。
強敵は交流重賞の常連馬である笠松のクインオブクイン、地元の上位クラスで好走しているワイケイリズム、ハツネドオゴあたりになりそうです。この強敵相手にハナを主張することができるか?

ウルトラエナジー
そして兵庫ジュニアGPに出走するウルトラエナジー。デビューより無傷の5連勝を重ね、1組戦や特別戦でも強い勝ち方で、まだ底を見せていないような強さを誇ります。
JRAの500万下条件を勝ったタカラストーンとディアヤマト、北海道の交流GVを制した道営のマサノミネルバらが出走予定ですが、福山の無敗馬がどこまで渡り合えるかも注目です。
鞍上は岡田騎手が手綱を取る予定です。

このレースはいずれも福山競馬場および関係場外発売所で発売されるようです。
園田で行われる2つの重賞で、福山所属馬の活躍が見られることを期待しましょう。


競馬ブログ 地方競馬・ばんえい
↑よろしければ、1日1回クリックをお願いします。
posted by 草摩 at 18:37| 広島 | Comment(3) | TrackBack(0) | サラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月07日

注目のシャチョマンユウキ、能検クリア

7日(日)最終レース終了後に能検が行われ、シャチョマンユウキ(牡4・桑田厩舎)が出走しました。
明石家さんまが名づけ親で注目を集めるシャチョマンユウキが福山デビューに向けいよいよ始動です。
公開能検ということで、3階席で見学してきました。

200710070.jpg
まずは2歳の能検(800m)から。
アラブ最後の未デビュー馬・ザラストアラビアン(牡2・松本厩舎)が能力検査に臨みました。
併走しているのは自主能検のピアドドジャー(外側・嬉騎手騎乗)だそうです。
タイムは53秒台ぐらいとのこと。

200710071.jpg
そして注目のシャチョマンユウキの能検です。
この馬は気性が荒いのかスタートで立ち遅れましたが、道中では単走ながらもスピード感あふれる走りを見せ、鞍上の嬉騎手のムチにしっかり応え、終いもよく伸びたように見えました。
200710072.jpg
福山エースHPによると1分23秒1(1250m)の好時計とのこと。
恐らく次開催で福山デビューとなるので、楽しみです。

200710073.jpg
さて話は変わりますが、能検が終わって競馬場を出て駐車場に向かおうとすると、入場門右手50mのところへ馬の形のイルミネーションが設置されていました。
まだ少し明るいので、この写真だと分かりづらいかも知れません。
このイルミネーションは平日も点いているようなので、日が暮れた会社帰りなどに通ってチェックしてみてはいかがでしょう?

競馬ブログ 地方競馬・ばんえい
↑よろしければ、1日1回クリックをお願いします。
posted by 草摩 at 19:16| 広島 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | サラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月10日

明石家さんまが名づけ親のサラブレッド、10月福山デビュー

9月8日付読売新聞朝刊より抜粋。(ソース

タレントの明石家さんまさんが名付け親の「シャチョマンユウキ」(牡4歳)が、福山市営競馬にやって来た。
ディープインパクトの“おいっ子”と血統も良く、「社長」にまつわる映画の題名をもじって命名された期待の星。
今夏に同競馬所属となり、10月にもレースに登場する見込みで、注目を集めている。
テレビの競馬番組で馬に命名する企画にて、さんまさんが感銘を受けた映画「社長漫遊記」にあやかり名付けたという。
市営競馬関係者は「活躍すれば、名付け親のさんまさんが観戦に訪れる可能性もある」と期待をかけている。



福山になかなか話題性がありそうな面白い馬が入ってきました。
明石家さんまさんが名づけたというだけでなく、中央でも勝っており、なかなかの能力を秘めてそうな感じがあります。
入着も多く賞金もそこそこ持っており、上位クラスへ編入されそうですが、まだ4歳ということもあり息の長い活躍が期待できそうです。

この馬が活躍して、さんまさんが福山へ来場して場内を盛り上げてくれれば更に面白いのですが。
まずは転入初戦の走りに期待しましょう。


シャチョマンユウキ

牡4 栗毛 桑田忠規厩舎
父:ニューイングランド
母:メジロジュリアン(ヤマニンスキー)
戦績:8戦1勝(2着3回)JRA
賞金:1440万

競馬ブログ 地方競馬・ばんえい
↑よろしければ、1日1回クリックをお願いします。
posted by 草摩 at 22:53| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月15日

チアズボニートが名港盃(名古屋)へ挑戦

チアズボニート
チアズボニート(牡7・若林厩舎)が7月26日(木)に名古屋競馬場で行われる第11回名港盃(SPU)へ挑戦します。

レース名:スポーツニッポン賞第11回名港盃
日  時:7月26日
距  離:1900m
JRA 天皇賞(秋)ステップ競走

地元や他場の出走予定馬が発表されていないので相手関係はよくわからないのですが、今回の1900mの距離はこの馬にとって良いかも知れません。
チアズボニートは今回の遠征によって金杯トライアル戦を回避することになり、結果的に金杯に出走することが叶わなくなりますが、この馬はどちらかといえばマイルよりも1800mのような長丁場向きの馬なので、ある意味好都合か。
ただ、気がかりなのは下降気味の調子と、テンからとばす名古屋のペースでしょうか。福山のような緩いペースで走っていては末脚が届かないかも?

なお、このレースは福山競馬場及び関係場外発売所でも発売されますが、この日は南関東の場外発売日なのでこのレースは併売扱いとなり、レース映像も少し遅れて放映されるかも知れません。
posted by 草摩 at 18:56| 広島 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | サラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月01日

エリートストーリー第2弾、ブラッシュタック2着デビュー!

7月1日(日)にJRA認定新馬戦・エリートストーリー第2、3戦が行われました。
管理人が名付け親のブラッシュタックがデビューしました。それも含めて新馬戦2戦の模様を紹介。

ブラッシュタック(パドック)第4レースに行われたエリートストーリーではブラッシュタックが出走。
1番人気は能検800mを50.4秒で1着したハイソックスチャン、2番人気は能検50.1秒のスライブ、ブラッシュタックは3番人気。
専門紙によると積極的な併せ馬調教で乗り込みも十分、パドックでは2人曳きで厩務員さんの綱を引っ張り気合いを表に出していました。
その気合いが災いしてか、ゲートになかなか入らない若さも見せましたが…

ブラッシュタック(レース時)レースはハイソックスチャンがスタートでダッシュの違いで先頭に立つと、ミラクルドリームとブラッシュタックが続きその後ろにスライブの展開、ハイソックスチャンが4コーナーで仕掛けると後続を引き離し、スピードの違いで2着に8馬身差をつけて圧勝。
2番手につけたブラッシュタックも追い上げを見せるが先頭との差は縮まらず2着。3着争いは中団から伸びたスライブとファーフレグランスがほぼ同時に入線もスライブが1〜2cm差とも思える際どいハナ差で先着。


第5レースに行われたエリートストーリー第3戦は能検で好時計をマークしたキッスパフェとマサテスコの一騎打ちモード。

20070701003.jpg
レースはキッスパフェがスピードの違いか楽に先頭に立ち、2番手グループはマサテスコとフェイバリット、3番人気テンテンマルスはスタート立ち遅れて中団からの追走。3〜4コーナーで逃げるキッスパフェが2番手に5馬身以上の差をつけて楽勝モード。最後の直線でもキッスパフェの脚色は衰えず、マサテスコが懸命に追い上げるも2馬身半差で勝利。3着は好スタートから先行したフェイバリット。
勝ち時計は第1戦を上回る48.9秒の好時計が出ました。
20070701004.jpg

ここまで新馬戦が3戦行われましたが、いずれも牝馬が勝利。
この時期は牝馬の方が仕上がりが早いのでしょうか?
期待のブラッシュタックは2着に敗れはしましたが、次回にも期待を持たせてくれる内容でした。距離が延びれば更に良い可能性もありそうです。あとは、気性が大人になってくれればいいのですが…
posted by 草摩 at 20:04| 広島 ☔| Comment(33) | TrackBack(0) | サラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月29日

7/1は認定新馬戦第2弾!ブラッシュタックは4R登場

サンディナナ
7月1日(日)の第4レース(12:20発走)、第5レース(12:55発走)で認定新馬戦・エリートストーリー第2戦・第3戦が行われます。
第1戦ではサンディナナ(写真)が見事な圧勝でした。
今回は各レース9頭ずつ、計18頭が出走します。

そして、管理人・草摩が名付け親のブラッシュタックが4レースの第2戦でデビューします。
出走各馬の枠順は以下のとおり。

【4R エリートストーリー第2戦】
1マルヨシファイバー 三村展
2ガンバロビン     鋤田誠
3ミラクルドリーム  さこ畑
4ハイソックスチャン 野田誠
5スライブ       岡崎準
6ハナダマ       岡田祥
ブラッシュタック 片桐正 
8ファーフレグランス 佐原秀
9クスノキメジロ   池田敏

6/9に行われた能検ではハイソックスチャンから0.5秒差の2着(800m・50.9秒)で優勝圏内。初勝利へ期待が持てます。
あとは関係者がうまく馬体を仕上げてくれるのを願うばかりです。

そして5レースのエリートストーリー第3戦では、能検で800m49秒台を叩き出したキッスパフェ、マサテスコが出走します。4レースよりメンバーも良く、馬場状態によっては第1戦のタイムを上回る好時計が期待できます。

将来のスター候補、そしてJRAへの出走権利を賭けた戦いにどうぞご期待下さい。
そして、このブログをご覧の皆さんも是非ともブラッシュタックの応援をよろしくお願いします。
posted by 草摩 at 14:11| 広島 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | サラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月10日

福山初・認定新馬戦はサンディナナが圧勝

10日(日)第5レースに行われた福山初となるJRA認定新馬戦・エリートストーリー第一戦(800m)が行われました。
サクラチトセオー、タイキブリザード産駒など2歳若駒10頭が出走しました。

200706101.jpg
レースを制したのはサンディナナ(牝2・胡本厩舎)。スタートからスピードの違いを見せつけて1着。JRAレースへの出走権を手にしました。

【エリートストーリー・第一戦 着順】
1着サンディナナ   さこ畑  49.6  1人気
2着ユタカハイテン  野田誠  3   2人気
3着ラッキータンゴ  嬉勝則  アタマ 4人気
4着マルサンハート  岡田祥  1/2   8人気
5着バクシンスター  鋤田誠  クビ  3人気

200706102.jpg
初の認定新馬戦を制したサンディナナは、父エイシンサンディ、母シュンカシュウトウ(母父リアルシャダイ)、半姉は名古屋で重賞3勝を挙げ先日の東海ダービー2着のワイティタッチ

認定レース初戦からなかなかの血統の馬が勝ち上がり、今後JRAへの挑戦の期待も膨らみます。
福山所属騎手で中央初騎乗は騎手会長になるか?サンディナナの次走に注目です。
posted by 草摩 at 21:31| 広島 ☀| Comment(12) | TrackBack(0) | サラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月09日

モモカプリンセス4着健闘、東海ダービー

8日(金)に名古屋競馬場で行われた名古屋ダービーへ参戦していましたが、果たして結果は・・・

レースはジーンジニーが先頭に立ちマルヨフェニックスが好位から、それからシンメイジョアー、グレースガールと続き、後方2番手にモエロアルカングと離された最後方にモモカプリンセスと続きます。
向正面でモモカプリンセスが馬群との差を縮め4角からマクるも届かず4着、モエロアルカングは後方ママ10着でした。

【東海ダービー着順】
1着マルヨフェニックス  2:05.4  尾島徹 4人気
2着ワイティタッチ    1・1/2 尾崎章 1人気
3着シンメイジョアー   1・1/2 丸野勝 2人気
4着モモカプリンセス  8  鋤田誠 7人気
5着プラチナクラウン    クビ   吉田稔 6人気


10着モエロアルカング 2:10.1 嬉勝則 5人気

レベルの高い東海勢、4月末にタカオライアンが笠松へ遠征したときは見せ場なく敗れてしまいましたが、今回は強豪たちと肉薄するレース内容。モモカプリンセスはこのレースでメンバー中最速の上りを見せたのでは?
鋤田騎手はメインの前に1鞍騎乗しましたが、その時にコースの特徴や位置取りなどを探ってたのではないでしょうか?
モエロアルカングは福山ダービーの時は展開がハマッた感じがあったか、前回のような末脚は見られませんでした。

胸を張れ福山勢、次回こそ!
posted by 草摩 at 11:46| 広島 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | サラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月07日

東海ダービー、福山代表モモカ2枠、アルカング4枠

モエロアルカング
8日(金)に名古屋競馬場で行われる東海ダービーの枠順が発表されました。
福山代表として出走するモモカプリンセス(牝3・桧山博厩舎)は2枠2番、モエロアルカング(牡3・江口厩舎)は4枠4番に入りました。
各馬の枠順は以下のとおりです。


6月8日(金) 名古屋 第12競走 1900m 16:35発走
第37回 東海ダービー

1ジーンジニー(愛知)    牝3 54柿原翔
2モモカプリンセス(福山)  牝3 54鋤田誠
3リックフィオーレ(愛知)  牝3 54坂上忠
4モエロアルカング(福山)  牡3 56嬉勝則
5プラチナクラウン(愛知)  牡3 56吉田稔
6ケイウンフレンド(愛知)  牝3 54戸部尚
7マルヨフェニックス(笠松) 牡3 56尾島徹
8メガミムーン(愛知)    牝3 54倉地学
9シンメイジョアー(愛知)  牝3 54丸野勝
10ワイティタッチ(愛知)   牡3 56竹下太
11グレースガール(笠松)   牝3 54筒井勇
12トミノダンディ(笠松)   牡3 56東川公

東海の有力どころはよくわかりませんが、挙げるならば前走この距離で行われた駿蹄賞を勝ったワイティタッチ、同レース1番人気2着のシンメイジョワー、兵庫CSでフェラーリビサの4着したトミノダンディ、「笠松のコスモバルク」という触れこみのマルヨフェニックスらか。
福山の馬たちにとって東海の強豪との力関係は未知数。また、騎手にとっても長らく遠征のなかった名古屋競馬場、そして輸送のハンデをどう乗り切るか。

このレースは福山競馬場及び関係場外発売所でも発売されます。
東海ダービー購入の際は「併売」の欄をチェックしてください。
posted by 草摩 at 10:52| 広島 ☀| Comment(23) | TrackBack(0) | サラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月24日

東海ダービーへモエロアルカング、モモカプリンセスが挑戦

6月8日(金)に名古屋競馬場で行われる東海ダービー(サラ系3歳・1900m 東海北陸中国地区)へ福山からはモエロアルカング(牡3・江口厩舎)とモモカプリンセス(牝3・桧山博厩舎)が挑戦します。

モエロアルカング
【モエロアルカング】

モモカプリンセス
【モモカプリンセス】

モエロアルカングは先日の福山ダービーを快勝した成長株で1900mの距離ならば十分、モモカプリンセスは福山ダービー3着も福山サラ3歳では一番の末脚の持ち主で2頭とも期待十分。
ハイレベルの東海地区でどこまでやれるか?
posted by 草摩 at 22:46| 広島 | Comment(6) | TrackBack(0) | サラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月28日

オグリキャップ記念、タカオライアンは8着

27日に笠松競馬場で行われた第16回オグリキャップ記念(1900m・10頭)へ福山からタカオライアンが参戦しました。
福山では3戦2着3回という安定した成績を誇るも、笠松、名古屋、兵庫から強豪が集いどこまで戦えるか。

レースは笠松ブルーローレンスが逃げ、ウイニングウインド、人気のミツアキタービンらが好位追走、一方のタカオライアンは離された最後方追走。
タカオライアンは最後の直線入口で差を詰めるも2頭交わすのがやっとで8着でした。

東海勢は南関東の交流戦では敗れることが多いとはいえ、層が厚いです。
サラブレッドを導入したばかりの福山ではまだ太刀打ちできないのでしょうか…2〜3歳交流戦では掲示板に入る活躍はありますが、古馬戦になるとどうにも差が開いてきます。
今はまだレースを行うだけの馬しか揃えてないのかも知れませんが、今後はタカオライアンのような交流戦を視野に入れた馬をもっと入れてもらいたいです。


さて、そのサラブレッド戦線に新たな新星が福山に入ってきました。
その名はツルマルザムライ。11歳と高齢ですが、中央オープンを経験した馬でシルクロードS3着や、さきたま杯3着、そして前所属の高知では8戦7勝の活躍と実績十分。
8ヶ月のブランクが空いていますが、福山の馬場で再起なるか、注目の1頭です。
posted by 草摩 at 09:23| 広島 | Comment(4) | TrackBack(0) | サラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月26日

タカオライアンは4枠4番、オグリキャップ記念(笠松)枠順

タカオライアン
27日(金)に笠松競馬場で行われる笠松が生んだ名馬・オグリキャップの名を冠した交流重賞・オグリキャップ記念の枠順が発表されました。
さて、福山からはタカオライアン(牡8・荻田厩舎)が出場し、4枠4番に入りました。
有力どころは、ダイオライト記念(船橋)など交流重賞を2勝したミツアキタービンをはじめ、前走は地元重賞勝ちニシノフィクサー、牝馬交流重賞の常連クインオブクインなど錚々たるメンバーが揃いました。

笠松 第10競走 1900m 16:05発走
第16回オグリキャップ記念
1クインオブクイン(笠松)  牝5 55岡部誠
2ブルーローレンス(笠松)  牡6 57向山牧
3ウイニングウインド(愛知) 牡6 57吉田稔
タカオライアン(福山)  牡8 57岡田祥
5ニシノフィクサー(愛知)  牡6 57戸部尚
6セイウンヒノアラシ(笠松) 牡9 57大原浩
7ニッシングリン(笠松)   牝6 55山田順
8トーコーカント(兵庫)   牡7 57大山真
9ミツアキタービン(笠松)  牡7 57東川公
10ゲットゥザサミット(愛知) セ6 57安部幸

27日は、福山競馬場および駅前場外、関係場外発売所でもこのレースは発売されますので馬券でも応援しましょう。
posted by 草摩 at 10:52| 広島 | Comment(10) | TrackBack(1) | サラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月22日

勢いは止まらない!チアズファイン9連勝

チアズファイン
22日(日)、昨年11月の転入以来無傷の8連勝を続けるチアズファインが第8レース「第4回ナオ・ナナカップ」(C2−1組)に登場しました。
これまでの連勝は下級条件で全て1250m戦、初のマイル戦とC2−1組の強豪ということで更なる試練が待ち構えています。

レースはスタートから逃げるクインバスターを見るように直後追走、馬群も固まったままの形でレースが進みます。
逃げたクインバスターが最後の直線で粘っていたものの、外からチアズファインが残り50mで並びかけると図ったかのようにゴール前でクビ差交わして1着。
初マイルと近走の着差からやや不安もありましたが、父スペシャルウィークという事を考えたら全然問題なしのようでした。
近走は勝ち方を覚えたのか、転入当初に見せた大差勝ちはなく、ゴール前でちょこっと抜け出す感じが多くなっています。

連勝といえば、先日に大井のフジノウェーブが南関東重賞・マイルグランプリを制して10連勝を達成したというニュースも入っています。
福山でも10連勝というのは滅多にないようで、是非とも連勝を伸ばしてフジノウェーブに続いてほしいところです。

この馬の次走は5月5日のC2選抜戦・端午賞。
10連勝へ向けてこの試練をどう乗り切るか、注目です。
posted by 草摩 at 17:35| 広島 ☔| Comment(37) | TrackBack(0) | サラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月10日

福山勢無念、福山高知交流桂浜特別結果

katurahama1.jpg
10日(日)に高知競馬場で行われた福山高知交流・桂浜特別(福山B高知C選定)は地元高知キングオブビースト(牡5・田中守厩舎)が勝利、福山勢はタガノオウジ(牡5・末廣厩舎)の5着が最高でした。

レースはスタートから高知キングオブビーストが引っ張り単騎先頭、2番手アネモスデライト、3番手集団にタガノオウジ、ドッグソウレインボ、モエレライジングが続く展開。
4コーナーを過ぎてもキングオブビーストの脚色は衰えず、逃げ粘るところへ内からドッグソウレインボが襲い掛かるが、勝負根性の違いを見せつけて追撃を振り切りキングオブビーストがゴール前競り勝つ。
福山勢はタガノオウジ5着、ケイアイノホシ6着、モエレワンリーフ7着、ゴールドパステル8着、トミケンオペラ10着でした。

【桂浜特別 着順】
1着 キングオブビースト(高知) 赤岡修 2:04.1  2人気
2着 ドッグソウレインボ(高知) 宮川実  クビ   3人気
3着 モエレライジング(高知)  西川敏 2・1/2  8人気
4着 アネモスデライト(高知)  倉兼育 1/2  10人気
5着 タガノオウジ(福山)    岡田祥  2   6人気


katurahama2.jpg
というわけではるばる高知まで福山勢を応援しに行ったのですが、どうにも奮いませんでした。
スタンドにはタガノオウジの馬主さんも見えており、応援していたようですが、声援届かず。
各馬とも輸送競馬と中1週の過密ローテが堪えたのでしょうか、それとも馬場適性だったのでしょうか?
しかし、今回は福山サラ勢初の高知遠征ということでやや模索する部分もあったのでしょう。次回高知遠征する時は福山生え抜きの強い馬が活躍してくれることを期待します。
なお今回の高知来訪に際し、にゃお吉さん、モリモンさん、CR−Vさんには大変お世話になりました。この場を借りて厚くお礼申し上げます。

後日、本サイトにてレースレポートと高知競馬特集を作る予定ですのでどうぞご期待下さい。
予告すると、今月は黒船賞を見にもっかい高知に行きます!
(今回より新カメラで撮影しました。撮影具合は果たしてどうでしょうか?)

katurahama3.jpg【おまけ】
第8レース、メイン競走以外で唯一騎乗した鋤田騎手とニュータイム号です。
パドックで「鋤田さん、ガンバレ!」と声援を送ったのですが、果たして聞こえていたでしょうか?

posted by 草摩 at 22:03| 広島 ☔| Comment(27) | TrackBack(0) | サラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月07日

福山高知交流戦「桂浜特別」枠順決定

10日(土)に高知競馬場で行われる福山・高知交流戦「桂浜特別」の枠順が発表されました。
福山、高知それぞれ5頭ずつ、計10頭によって争われます。
福山からはB1以下より福山でのキャリアが長い馬ばかりだが、高知勢はB級以下から連勝中の馬ばかりで勢いが怖いが初距離の馬がほとんどでどうでしょうか。
以下、枠順と出走馬診断です。高知勢はわかんないよ〜(汗


2007年3月10日(土) 高知 第10競走 1800m 16:10発走
福山高知交流桂浜特別 

1キングオブビースト(高知) 牡5 55kg 赤岡修
2タガノオウジ(福山)    牡5 55kg 岡田祥
3アネモスデライト(高知)  牡6 55kg 倉兼育
4ドッグソウレインボ(高知) 牡5 55kg 宮川実
5ケイアイノホシ(福山)   牡5 55kg 楢崎功
6タガノサンデー(高知)   牡10 55kg 中西達
7ゴールドパステル(福山)  牡5 55kg 片桐正
8モエレワンリーフ(福山)  牡5 55kg 鋤田誠
9モエレライジング(高知)  牡5 55kg 西川敏
10トミケンオペラ(福山)   牝5 54kg 藤本三


キングオブビースト(高知)
高知転入後は6戦4勝(2着1回)で、勢いは怖いが1800mを逃げ切れるか?

タガノオウジ
福山の大将格はやはりこの馬。1800mなら歓迎、福山サラの意地を見せてほしいところ。

アネモスデライト(高知)
高知では17戦して連対を外したのはわずか2回、1600mのタイムも良くメンバー中力上位か

ドッグソウレインボ(高知)
高知でD級戦を2戦2勝だが、いずれも僅差での勝利で実力は微妙なところ。

ケイアイノホシ(福山)
デビュー当初は逃げて勝つ事が多かったが、キャリアを重ねるうちに後方からの競馬も覚え、近走は掲示板に入る回数が増えた。
高知勢が作るハイペースを追い込んで勝利なるか。

タガノサンデー(高知)
メンバー中最高齢で、中央では5勝を挙げ重賞にも出走していた実力馬。高知でもその実績でC級まで勝ちあがっており、年の功でここを獲るか。

ゴールドパステル(福山)
2走前にC2−1組戦を勝ち勢いはあるが、勝利はいずれも1250ばかりで、B級の実力馬たちに混ざるとやや小粒か。

モエレワンリーフ(福山)
福山での実績も十分、B級の番人として活躍中も、この馬の気性難がどちらに動くか

モエレライジング(高知)
近走目立った活躍はないがC級で堅実な走りを見せており、鞍上の西川騎手で2戦1勝(2着1回)と好調、侮れないか。

トミケンオペラ(福山)
福山勢もう1頭の期待馬。
逃げて連勝中だが、高知勢も前に行きたい馬が多数で果たして位置が取れるかどうか。


なお、当日は管理人は高知競馬場へ行く予定です。誰か他に福山から行く人っていないかな?
posted by 草摩 at 23:04| 広島 ☀| Comment(18) | TrackBack(0) | サラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月02日

福山高知交流戦「桂浜特別」出走馬

3月10日(土)に高知競馬場で行われる福山高知交流戦「桂浜特別」の出走予定馬が発表されました。
福山からB1クラス以下よりサラブレッド5頭が遠征、高知からもB級のサラブレッドが5頭出走し計10頭により争われます。
福山からの遠征予定馬は以下のとおりです。

【福山】
ケイアイノホシ   牡5 外山厩舎 31戦3勝(2着1回)
ゴールドパステル  牡5 徳本厩舎 46戦6勝(2着2回)
タガノオウジ    牡5 末廣厩舎 34戦9勝(2着11回)
トミケンオペラ   牝5 戸川厩舎 33戦7勝(2着4回)
モエレワンリーフ  牡5 江口厩舎 44戦5勝(2着6回)
マイネルアクレイム(予備馬)
アインヘルヤル(予備馬)
タガノウォーニング(予備馬)
タガノオウジ

モエレワンリーフ

【高知】
アネモスデライト  牡6 雑賀正厩舎 31戦10勝(2着6回)
キングオブビースト 牡5 田中厩舎  15戦4勝(2着1回)
タガノサンデー   牡10 雑賀秀厩舎 67戦12勝(2着5回)
ドッグソウレインボ 牡5 別府厩舎  17戦4勝(2着1回)
モエレライジング  牡5 雑賀正厩舎 39戦3勝(2着1回)
キングステイ(予備馬)
ビッグスターオー(予備馬)

なお、当日は福山競馬場および駅前場外やシャトル、BAOOで高知全レース発売されます。
サラブレッド新時代をひた走る駿馬たちにどうぞ熱い声援を。
posted by 草摩 at 18:41| 広島 | Comment(4) | TrackBack(0) | サラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月17日

兵庫クイーンセレクション、福山勢は3、4着

園田競馬場で行われた3歳牝馬重賞・第8回園田クイーンセレクションが行われ、福山からはスターゴールドとサンアルカローラが出走しました。
このレースの勝ち馬にはJRA阪神競馬場で行われる桜花賞トライアルへの優先出走権が付与されます。
某関西系スポーツ新聞の予想印では2頭とも無印。園田・姫路競馬の公式ページのレース紹介でも注目馬にすら挙げてもらえず…
そして2頭とも正月の若駒賞から中1週での遠征ということであまり評価していませんでしたが、昨年の2歳重賞・ヤングヒーローをワンツーした徳本厩舎コンビがどこまでやれるのか…

人気はスターゴールドが単勝58.3倍の10番人気、サンアルカローラは51.9倍の9番人気と低評価。単勝1番人気は前走地元重賞2着のエンタノメガミ、2番人気はサニーの出走した姫路プリンセスC4着ワイケイリズム。
レースは、スターゴールドは3枠3番、サンアルカローラは8枠12番に入りました。
スタートから何とスターゴールドが並み居る各地の強豪相手に果敢にハナを奪って主導権を握り、サンアルカローラは後方から3番手を追走。
道中スターゴールドがスムーズに逃げるも3コーナーでエンタノメガミ、ワイケイリズムの兵庫勢に捕まり3番手に後退してしまい、先頭から離れていき万事休すかと思われたものの、粘り腰でゴール前までそのまま残り3着確保。最後の直線で一気に追い込んだサンアルカローラがクビ差4着。


【第8回園田クイーンセレクション 着順】
1着エンタノメガミ    川原正  1:30.5
2着ワイケイリズム    田中学   7
3着スターゴールド   嬉勝則   2
4着サンアルカローラ さこ畑   クビ
5着ダブルアーチャー  中川雅   頭


かつての最強馬サニーエクスプレスが秋以降にすっかり力を落としてしまいこのサラ3歳戦線はどうなるかと思われましたが、この2頭の活躍で福山でビュー組もまだまだ捨てたもんじゃないと感じました。
福山の馬だけでなく騎手も活躍、嬉騎手は第8レースで8番人気の馬を好位追走から3着に持ってきて3連単40万馬券の大波乱を演出する活躍を見せてくれました。
福山デビューのサラブレッドも3歳になり、今後も他場への遠征が増えると思われます。今後も他場への遠征で勝ち負けできるよう関係者の皆さんの努力に期待したいです。
posted by 草摩 at 18:52| 広島 ☁| Comment(3) | TrackBack(1) | サラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月25日

第12回開催サラブレッド転入馬情報

今週日曜より規制が緩和されて3回目の開催になります。
3回目となると、キャリアを積んだ馬、そして何より他場のオープン級の第一線で戦ってきた看板候補の馬が転入してきました。
高額賞金を持った馬の転入により、クラス落ちの馬も多数いますので、ご注意を。
ちなみに、前開催より大井へ移籍したはずのアインヘルヤルが再転入されてますが、情報は省略。

それでは12回開催へ登録している有力転入馬の情報です。


ベルモントバーディ  牝6 鋤田厩舎
血 統 父:リンドシェーバー 母:カントリーガール(アジュディケーティング)
戦 績 40戦8勝(2着6回)地方  2296.1万
前所属 兵庫 S1

ウェイザストロング  牡6 那俄性厩舎
血 統 父:ヤマニンゼファー 母:ヒカリフレーム(ダイナガリバー)
戦 績 59戦8勝(2着7回)船橋、川崎、兵庫  1453.6万
前所属 兵庫 A1

ヤクモアスワン  牡6 高本厩舎
血 統 父:アスワン 母:ヤクモミドリ(キンググローリアス)
戦 績 62戦12勝(2着6回)中央、岩手  403.5万
前所属 岩手 B2

マウントクック  牡6 若林厩舎
血 統 父:ミホノブルボン 母:ブラックオパール(リードワンダー)

戦 績 88戦15勝(2着15回)金沢、高知  431.5万
前所属 高知 B2

プロフィッター  牡5 若林厩舎
血 統 パークリージェント 母:コダマダンサー(タモノダンサー)
戦 績 51戦13戦(2着3回)中央、高知  169.2万
前所属 高知 B2


以下、C2−1組〜、へ登録している転入馬です。

サフィール
タマガッツ
チアズゲイリー
チアズファイン
トキノマイウェー
ニシノスカーレット
ニシノリヴァリゼ
posted by 草摩 at 23:02| 広島 ☀| Comment(11) | TrackBack(0) | サラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月05日

第11回開催サラブレッド転入馬情報

前開催よりサラブレッド転入条件が緩和され、それまであった収得賞金や年齢などの制限がなくなりました。
今開催も中央勝利馬や歴戦の古馬が福山にやってきました。

11回開催出走登録の転入馬データは以下のとおり。
馬名、性齢、所属厩舎、血統、戦績(中央地方別)、収得賞金、前所属(最終格付)の順です。

タカトモサンサン 牡7 堀部厩舎
父:サニーブライアン 母:ナイスモーリー(ナイスダンサー)
戦績:52戦5勝(2着8回) 中央23戦1勝(2着1回)、地方29戦4勝(2着7回)
収得賞金1650.6万
前所属:佐賀 B1

マルサンクリスタル 牡5 弓削厩舎
父:リンドシェーバー 母:ニホンピロソロン(パーソロン)
戦績:35戦5勝(2着3回)地方 収得賞金1323.6万
前所属:大井 B3

カリオーペ 牝5 桑田厩舎
父オジジアン 母:ローズロイヤル(スキャン)
戦績:49戦1勝(2着3回) 中央8戦0勝(2着0回)、地方41戦1勝2着3回 収得賞金849.5万
前所属:兵庫 A1

アブソルートウイン 牝3 吉井厩舎
父:シャンハイ 母:カバリロゼリー(イルドブルボン)
戦績:14戦5勝(2着1回)地方 収得賞金649.1万
前所属:大井 C1

シーアイリス 牝5 胡本厩舎
父:キンググローリアス 母:シーセレーネ(ダンシングブレーヴ)
戦績:39戦8勝(2着3回) 中央6戦0勝(2着0回)、地方33戦8勝(2着3回) 収得賞金283万
前所属:佐賀 B2

タイキシーリア 牝3 外山厩舎
父:バブルガムフェロー 母:タイキジュリエット(Crafty Prospector)
戦績:4戦0勝(2着0回)中央 収得賞金75万
前所属:中央 未勝利

ニホンピロシホウ 牡3 寺田厩舎
父:ニホンピロウイナー 母:メイセイオペレッタ(タイトスポット)
戦績:32戦2勝(2着1回)地方 収得賞金71.8万
前所属:兵庫 D5
posted by 草摩 at 20:01| 広島 ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | サラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。